空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます

    カテゴリ: SNS



    (出典 illalet.com)


    そんなんあるんや

    1 ばーど ★ :2021/03/23(火) 06:55:43.49

    東京都健康長寿医療センター研究所 3月3日発表

    SNSの利用とこころの健康は関連するか?―LINEの利用とは良好な関連を示すが、Twitterの利用とは負の関連を示すことが明らかに

    東京都健康長寿医療センター研究所の桜井良太研究員と藤原佳典研究部長の研究グループは、SNSの利用状況と精神的な健康との関連を検討し、全世代を通じてLINE利用者では精神的健康度が高い傾向にあるが、Twitter利用者では精神的健康度が低い傾向にあることを明らかにしました。
     
    この研究成果は、国際雑誌「PLOS ONE」(3月3日付)に掲載されました。

    ■研究成果の概要

    これまでの研究から、他者との交流が我々の健康維持に極めて重要であることが示されてきました。しかしながら、この他者との交流がSNSといったオンライン上の交流であっても有効であるかについては明らかではありませんでした。
     
    そこで東京都内在住の無作為抽出した21,300名を対象に郵送による住民調査を行い、LINE、Facebook、Twitter、Instagramの使用頻度と精神的な健康状態(ウェルビーイング〈精神的な満足感・幸福感:WHO-5という質問票で調査〉、悩み・抑うつ傾向〈K6という質問票で調査〉、孤立感を測定)の関連を調査しました。その際、SNSの利用は「発信」と「閲覧」に分け、それぞれ「週に数回以上利用する」と回答した者を定期利用者とし、精神的健康との関連を検討しました。

    研究の結果、8,576名(若年者[18-39歳]2,543名; 中年者[40-64歳]3,048名 高齢者[65歳-]2,985名)から有効回答が得られ、以下の点が明らかとなりました。

    ?6割の高齢者がSNSを利用できる機器を保有しており(主にはスマートフォン)、全世代において一番定期利用者が多いSNSはLINEであった。
    ?若年者ではInstagramの定期閲覧、中年者ではFacebook定期発信、高齢者ではLINE定期利用(発信と閲覧の両者)が良好なウェルビーイングと関連していた。
    ?若年者ではInstagramを定期閲覧、中年者ではLINEを定期発信している者ほど悩み・抑うつ傾向が低い関係が認められた。他方で、両年代においてTwitter定期利用者(発信と閲覧の両者)ほど悩み・抑うつ傾向が強くなる関係が示された。
    ?中年者のTwitter定期利用者(発信と閲覧の両者)および高齢者でTwitterを定期発信している者では孤立感を有している割合が高くなる傾向が認められた。
    ?SNS以外のコミュニケーション(対面での会話や電話)が低い者では、全世代を通じて、全ての精神的健康度の指標が悪い傾向が認められた。

    (A) LINEを定期的に利用している者ではウェルビーイングを測定するWHO5得点が高い傾向があることが分かる。(B) Twitterを定期的に利用している者では孤立感を抱いている者の割合が高い。
    これらはSNS以外のコミュニケーション頻度を調整しても統計学的に意味のある関連であった。

    ※発表データから作成した表(当該論文では他の形で結果を示しているため、本データは示していない)

    東京都健康長寿医療センター研究所
    https://www.tmghig.jp/research/release/2021/0304-2.html


    【【SNS】LINEを頻繁に使う人とツイッターでつぶやく人の違いとは???????】の続きを読む



    (出典 www.ebarafoods.com)



    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/09/21(金) 22:03:56.04

    前スレ
    キャベツダイエット (c)
    https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/shapeup/1440904285/


    【【朗報】キャベツダイエット】の続きを読む


    中国産みかん美味しそうな色だと思ったら着色料???????wwwwwwww

    うわわわわわわw

    NO.9337721 2021/03/21 08:35
    おいしそうな中国産みかんをティッシュで拭くと真っ赤っかに 着色疑惑浮上
    おいしそうな中国産みかんをティッシュで拭くと真っ赤っかに 着色疑惑浮上
    中国産のみかんやネギ、レタスが色素が付着しているという写真がネット上に相次いで投稿されている。

    ネット上に投稿された写真を見るとおいしそうなみかんをティッシュでちょっと拭くだけでティッシュや手が真っ赤になるというもの。

    これは商品価値が落ちた、みかんや野菜に色を付けておいしそうに偽装しているというものだ。

    実際にこのみかんを買った人によると、みかんを触っただけで手が真っ赤に、みかんの皮をむいて食べてみようとしたところ、とても食べれるものじゃなかったという。

    つまり廃棄寸前の物に色を付けていたようだ。

    このような経験は1人だけでなく数多くの人がウェイボに被害を報告しており、「みかんを食べて、手が赤く染まった」、「みかんから化学成分の臭いがする」、「みかんを水に浸し行ったら(色素のせいで)水が赤く変わった」など、“染色みかん”の被害報告が相次いでいる。

    これに対して、地元の市場監督管理局の関係者は、「鮮度保持のための薬品処理は可能だが、着色剤を用いた染色は、厳格に禁止している。

    みかんを買うときの味を見ることに加えて外観を先に見ている。

    表皮の色が鮮やかで赤い不自然なみかんは注意しなければならない」と警告した。

    ・着色ネギも問題にしかし、中国で染色食品を販売した事例は、今回が初めてではない。

    1月11日にウェイボなど中国SNSは市場に堂々と販売されている「着色ネギ」の映像が公開され問題となった。

    映像の中には、中国のある市場で販売されている長ネギの表面を白い紙タオルで拭き取ると、青緑色の色素がそのままにじみ出てくる場面があった。

    長ネギを買った消費者は「ネギを洗ったら水が青緑色に変わった」と怒りをあらわにした。

    当該長ネギを販売した商人は「防腐剤のため長ネギの色が濃くなった」と釈明した。

    しかし、直接栽培した野菜を販売する露天商の長ネギからは色素が全くついておらず、議論はさらに膨らんだ。

    これに対し現地の食品健康関連ウェブサイトは「過度に不自然な緑色をした野菜は偽装食品である可能性があるので注意せよ」と注意喚起した。

    【日時】2021年03月21日
    【提供】ゴゴ通信
    【関連掲示板】


    【中国産みかん美味しそうな色だと思ったら着色料???????wwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ