話すことを“封印”した私が話せるようになった

克服は凄いことですよね!!!!!

NO.9402038 2021/04/16 15:49
話すことを“封印”した私が話せるようになった
話すことを“封印”した私が話せるようになった
先月1日、岡山県の高校に通う女子生徒が、卒業式を迎えました。友達と笑顔で話しながら、写真を撮っていたのは見尾緩奈さん(18)。しかし、このように友達と楽しい時間を過ごせるとは思っていませんでした。実は、見尾さん、きつ音に悩まされ、高校に入学するまで話すことを“封印”していたのです。(岡山放送局記者 國武桃子)

■会話が恐怖に…
きつ音は、最初のことばを繰り返したり(例「さ、さ、さくら」)、詰まったりして(例「………さくら」)、ことばが滑らかに出ない症状です。

100人に1人の割合で発症するとされ、アメリカのバイデン大統領も、子どものころ、きつ音に悩んでいました。
会話が恐怖に…
見尾さんにきつ音が出始めたのは幼稚園のころ。運動会のかけっこで自分の名前を呼ばれたとき、うまく返事ができませんでした。そのときは、「自分は変わっているのかな?」と思いながらも、気にせず普通に生活していたといいます。

しかし、小学生になると周囲に変化が現れはじめました。先生や友達から呼ばれても、詰まって「はい」と言えず、みんなにからかわれました。発表会では、せりふを言うのに15分以上もかかりました。

すごく恥ずかしくて、自分は嫌われているのではないかと思ったという見尾さん。何よりつらかったのは、きつ音について誰にも理解してもらえなかったことです。

「なんでしゃべらんの。しゃべれや!」

このことばを聞くのが嫌でした。

■見尾さん

「普通の人は自分が思ってることを、すらすらといえると思うんですけど、きつ音があると自分の意思と関係なくことばが出なくなって..

【日時】2021年04月15日 11:28
【ソース】NHK


吃音(きつおん、英: stuttering,stammering)とは、言葉が円滑に話せない、スムーズに言葉が出てこないこと。「発語時に言葉が連続して発せられる(連発)」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く(難発)」「語頭を伸ばして発音してしまう(延発)」などの症状を示す。WHO(世界保健機関)の
68キロバイト (9,896 語) - 2021年4月15日 (木) 12:27








#21 [匿名さん] :2021/04/16 16:47

>>0
良いよ凄く良い


#31 [匿名さん] :2021/04/16 17:11

>>0
ど、ど、吃りは昔から居てた。気にする事は無いョ。やさしくして上げれば良いのに🍀可哀想や。


#1 [匿名さん] :2021/04/16 15:49

よかったね


#2 [匿名さん] :2021/04/16 15:50

かわいい


#3 [匿名さん] :2021/04/16 15:50

可愛い❤️


#7 [匿名さん] :2021/04/16 16:04

何のニュースだよ


#11 [匿名さん] :2021/04/16 16:19

前田敦子似


#54 [匿名さん] :2021/04/16 19:31

>>11
アイドルなれそう


#16 [匿名さん] :2021/04/16 16:36

可愛いと有罪でも無罪判定下す爆サイ民


#17 [匿名さん] :2021/04/16 16:37

山下清か


#18 [匿名さん] :2021/04/16 16:38

>>17
そんな可哀想な事言うな!


#22 [匿名さん] :2021/04/16 16:47

>>20
すろーす!ちゃんく大好きいいいいいいい!


#25 [匿名さん] :2021/04/16 16:55

>>20
す、す、す、寿司なんだなぁ


#32 [匿名さん] :2021/04/16 17:15

実に素晴らしい


#33 [匿名さん] :2021/04/16 17:26

可愛い子虐めるなよ💢