空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます


    年金(ねんきん、英: pension、annuity)とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組みとして年金制度(ねんきんせいど)も指す。制度の運営手法によって、公的年金と私的年金に分類される。また個人年金は私的年金とは別に分類する場合が多い。 年金
    31キロバイト (4,072 語) - 2021年9月2日 (木) 22:54


    若者の負担を大きくするな!!!!!

    1 potato ★ :2021/09/16(木) 21:00:46.06

    年金制度の改革に言及し「年金に最低保障が必要だ」と表明した。財源は「消費税がいいのではないか」と語り、保険料ではなく税方式で最低保障年金を検討すべきだと主張した。

    河野氏はいまの年金制度について「全世代ベーシックインカムというところまでいっていない。年金の部分で最低保障がやはり必要だ」と強調した。財源について「消費税であれば応分に能力のある人が負担していただける」と説明した。

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA160HP0W1A910C2000000/
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631787688/


    【【河野氏】年金に最低保証が必要だ!!財源は消費税でどうだ???????】の続きを読む


    二次電池式電気自動車の例 電気自動車(でんきじどうしゃ)とは、電気をエネルギー源とし、電動機(モーター)で走行する自動車である。略称は一般的にEV(Electric Vehicle)が用いられる。内燃機関(エンジン)を持たない事から、走行時に二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物が出ないゼロエミッション車である。
    100キロバイト (13,703 語) - 2021年9月16日 (木) 11:33


    ガソリンが安心する!!!!!!

    1 鬼瓦権蔵 ★ :2021/09/16(木) 21:39:29.83

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0d2114c81c36d7a94745de8c17eb4872be97d861

    日産リーフ

    (出典 www.webcartop.jp)


    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631762631/


    日産リーフ単体の市場シェアは0.7%

    世界的にクルマの電動化はトレンドになっている。日本ではハイブリッドが電動化の主役だが、欧州などではプラグイン(外部充電)をするクルマが電動化の中心で、ゼロエミッションの電気自動車がシェアを拡大している。
    すでに新車販売におけるプラグイン車(電気自動車とプラグインハイブリッド)のシェアは17%に達しているという統計もある。

    翻って、本邦の自動車市場ではプラグイン車の販売はどうなっているのだろうか。

    はっきり言って、日本では電気自動車は売れていない。もっとも売れている電気自動車は言わずもがな日産リーフだが、その販売台数は直近の2021年8月で1282台でしかない。
    トヨタ・クラウン(1244台)よりは売れているが、月間での乗用車の販売規模は17万台程度であるから、リーフ単体の市場シェアとしては0.7%でしかない。

    では、輸入車はどうだろうか。電気自動車といえばテスラの名前が一番に出てくるだろうが、同社は具体的な数字を発表しない方針だ。
    そのため総合的な統計データから推測するしかないが、同じく2021年8月における日本での販売台数は500台強といったところだ。

    ほかにも国内外のブランドから電気自動車は出ているが、リーフやテスラがこの規模であるということは、その他の販売状況も推して知るべしだろう。
    冒頭で記したように欧州ではプラグイン車のシェアは拡大しているが、日本ではその数が増える気配はない。

    実際、電気自動車などの補助金事業を行なっている次世代自動車新興センターの統計(推定値)を見てもそうした傾向は明らかだ。(http://www.cev-pc.or.jp/tokei/hanbai3.html

    2014年から2019年までの電気自動車の年間販売台数は、おおよそ2万台規模で、しかもピークは2017年の2.3万台となっている。
    プラグインハイブリッド車も2017年に3.4万台を販売したのをピークに減少傾向となっている。

    新車販売におけるPHEVのシェアは2%以下

    軽自動車を除いても日本での乗用車販売というのは年間300万台のスケールとなっている。
    つまり新車販売におけるプラグイン車のシェアは多い年でも2%足らずなのである。

    良し悪しは別として、数字は日本のユーザーはプラグイン車を求めていないことを示している。
    それはハイブリッドカーの環境性能が進化して、プラグイン車よりローコストゆえに普及しているからという事情もあるだろうが、日本市場は独自の電動化を進めている。

    世界的な電気自動車トレンドは認めつつも、日本市場に合わせるのであればエンジンを積んだハイブリッドカーに注力するというのはマーケットの特性を考えれば当然だ。
    そうして日本市場に最適化した商品が用意された結果、プラグイン車が売れないという状況になっているともいえる。

    ただし、この状況がずっと続くとはいえないのも事実。
    パリ協定など世界的にCO2の排出量削減が求められている。
    日本政府が2050年のカーボンニュートラルを宣言したのも、そうした流れを受けたものだ。

    カーボンニュートラルを目指すとなると、わかりやすいところでいえば原油の使用量が制限されることになる。
    そうなると、燃費性能に優れたハイブリッドカーであっても現実的に走らせることが難しいという時代がやって来ることは明らかだ。

    そうしたロードマップが見えているからこそ、世界中の政府がエンジン車の新車販売禁止について明確な目標を提示しているわけだ。
    はたして、これほどまでにプラグイン車を嫌っているように見える日本のユーザーは、ドラスティックな変化を受け止めることができるのだろうか。


    【【自動車】日本人は電気自動車に興味がないらしい!!見かけることも少ない!!!!!!!!!!】の続きを読む


    肥満は、食費だけではなく医療費の増加ももたらし、家計の負担につながる。肥満はあらゆる病気の原因となり、治療費や健康対策費が余計にかかり、国民経済への影響も多大であり、肥満人口減少プログラムが組まれる機会が増えるとみなされている。また、肥満は生活習慣病の一種とも見なされている。ペットの肥満(英語版)も参照。
    240キロバイト (33,995 語) - 2021年9月3日 (金) 23:05


    万病のもと!!ですからね!!!

    1 速報 ★ :2021/09/16(木) 19:06:44.28

    肥満は新型コロナを重症化させるだけでなく、後遺症やワクチンの効果にも影響
    9/16(木) 7:37

    肥満は新型コロナを重症化させる
    肥満というのは、ボディマス指数(BMI)で定義されます。「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出しますが、日本では25以上と定義されているものの、WHOの国際基準では30以上と定義されます。みなさんも一度自分のBMIを計算してみてください。

    肥満と新型コロナの関係はすでに知られたところです。新型コロナ陽性になるリスクや入院・死亡のリスクがかなり高くなります(1,2)。

    大阪府の吉村知事の会見で提示されたフリップによると、第5波の重症者におけるBMI30以上の比率は11.7%で、国民健康・栄養調査報告における比率3.8%の約3倍だったことが示されています(3)(図1)。特に40代以下の重症者におけるBMI30以上の比率は、22.7%と極めて高い結果でした。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kuraharayu/20210916-00258412

    肥満は新型コロナの後遺症を長引かせる
    (省略)
    肥満は新型コロナワクチンの効果を減弱させる
    (省略)
    とはいえ、感染を予防する基本的な効果は保証されており、重症化予防効果については長期間期待されることから、「どうせ肥満だから」と悲嘆にくれる必要はありません。3回目以降の新型コロナワクチン接種が必要な集団を議論する際、役立つデータになるということです。


    複数のリスクが相互に悪影響
    (省略)


    【【肥満悲報】コロナが重症化する確率が高くワクチンの効果も減弱させてしまう!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ