空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます

    カテゴリ: 映画


    職業(しょくぎょう、英: 主にoccupation、他にprofessionやvocationなど)は、生計を維持するために、人が日々従事する仕事。社会的分業の成立している社会において生活を営む人々が、それにつくことによって、その才能と境遇に応じた社会的役割を分担し、これを継続的に遂行し実現しつつ、
    13キロバイト (2,060 語) - 2021年10月11日 (月) 23:00



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 愛の戦士 ★ :2021/12/17(金) 22:59:11.07

    ベネッセ教育情報サイト 12/17(金) 20:22

    2021年の年末、「進研ゼミ小学講座」では、「2021年の出来事や将来に関する小学生の意識調査」を実施しました。
    その中でも今回は、「小学生がなりたい職業」をご紹介します。社会の変化を、子どもたちはどのようにとらえているのでしょうか。気になるランキングは最後に発表します。

    小学生がなりたい職業1位はユーチューバー! エンタメ関連が上位に
    小学生がなりたい職業の1位に選ばれたのはユーチューバーでした。男女とも人気が高く、今や子どもたちがあこがれる存在となったユーチューバー。数年前までは存在していなかった職業が1位になったことに、時代の流れを感じますね。

    また、僅差で2位にランクインしたのは漫画家・イラストレーター・アニメーターでした。昨年から人気の『鬼滅の刃』が大きな影響を与えているのでしょう。さらに今年は、『東京リベンジャーズ』『呪術廻戦』など作品もバラエティーに富んでいます。

    他にも、芸能人などのエンタメ関連の職業が上位にランクインしていました。コロナ禍の影響もあり家にいる時間が長かった2021年は、テレビやパソコンの画面の向こうにある世界を身近に感じた年だったのかもしれません。

    クリエイティブな職業も人気
    昨年に引き続き、ゲームクリエイターやプログラマーもランクイン。前述のユーチューバーや漫画家も含め、クリエイティブな職業が小学生に人気のようです。

    クリエイティブな職業が注目され始めた背景には、SNSや動画配信サイトなどで気軽に発信・受信できるようになったことがあります。特に「YOASOBI」や「すとぷり」は代表的で、小学生の間でも人気の高いクリエイターです。

    表現できる場が広がり、それを受信する機会も増えた近年。今までは見えなかった職業や仕事内容が身近になってきたことで、子どもたちの夢はさらに広がっているようです。

    小学生がなりたい職業ランキングTOP10【総合・男女別】
    今年は、総合と男女別の両方でランキング結果を発表しています。男女別で大きな差はありませんが、男子ではサッカー選手や野球選手といったスポーツ選手が、女子では看護師や保育士・幼稚園の先生などがランクインする結果となりました。

    あなたのお子さまが目指す職業は、ランクインしていましたか? 今回の結果を見ながら、将来のことを話してみてもよいかもしれませんね。

    まとめ & 実践 TIPS
    ランキングには、医師や学校の先生などもランクインしています。人それぞれみんな違う将来の夢ですが、身近な職業にあこがれるのも当然でしょう。「助けてもらった」「元気をもらった」という経験を、今度は自分が誰かにしてあげたい……。そういった純粋な心が、ランキングに表れたのかもしれません。これからもその気持ちを大事に、夢に向かって歩んでいってほしいですね。

    ※続きはリンク先で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac88e51bcc96e12bad2dfa175494feae4925841e
    小学生がなりたい職業ランキングTOP10【総合・男女別】

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【びっくりニュース】小学生がなりたい職業ランキング2021、ユーチューバーが総合1位に 僅差で2位は女子で1位のあの職業 !!】の続きを読む


    すずめの戸締まり』(すずめのとじまり)は、新海誠が監督・脚本を務める、2022年秋に公開予定日本アニメーション映画。 日本各地廃墟を舞台として、災い原因となる“扉”を閉じていく少女解放と成長を描くロードムービー。 列島各地に開いてしまう、災い扉。主人公鈴芽(すずめ
    3キロバイト (175 語) - 2021年12月16日 (木) 08:34


    楽しみでっすね!!!!

    1 ガーネットスター(東京都) [CA] :2021/12/15(水) 20:31:59.70


    新海誠監督3年ぶり新作映画「すずめの戸締まり」22年秋公開 
    [2021年12月15日17時49分]

    16年「君の名は。」、19年「天気の子」で知られる新海誠監督(48)が15日、都内で会見を開き、3年ぶりの新作として「すずめの戸締まり」を製作し、22年秋に公開すると発表した。

    「すずめの戸締まり」は、日本各地の廃虚を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく17歳の少女・鈴芽(すずめ)の、解放と成長を描くロードムービーとなる。新海監督は「公開は来年の秋。まだちょっと先なので、お話できないことが多い」と口にした。

    その上で「少子高齢化が進む、この社会では、始めるより閉じていく方が難しいのでは? 散らかった可能性を、あるべき手段で閉じていくことで、次に進むべき物語を作る方が、お客さまは見たいのではないか?」などと、3つのキーワードを持って、新作「すずめの戸締まり」について語った。

    <1>日本列島各地を巡るロードムービー
    「日本全国を広く舞台とした冒険物語。各地を回ると、映画を見終わった、お客さんから『次は僕の、私の町を舞台にして下さい』と言われる。全ては描けないと困るんですけど…欲張りして各地の魅力、人々を描いていきます」

    <2>散らかった可能性を、あるべき手段で閉じていくことで、次に進むべき物語
    「扉を開くのではなく、閉じていく物語。どんなことでもそうですが、始まらせるより終わる方が難しい…映画作りなんか、まさにそう。お仕事、恋愛、生活も…だから、扉なんですね。各地の扉、さまざまな扉が登場します」

    <3>映画館に足を運ぶ理由作りになる作品
    「昨今、配信が全盛で、僕も寝る前に、これを見よう…と楽しみにしています。ただ、人間が持っている、ある特別な能力を発揮させてくれるのが、映画館。その能力は感情移入、物語に没入する能力。映画館に足を運び、暗闇で見ることが最も能力を発揮できる。そういう物語、音楽、映画作りを目指します」

    つづき🐦
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202112150000668_m.html?mode=all&utm_source=AMPbutton&utm_medium=referral


    【【映画】新海誠の新作『すずめの戸締まり』22年秋公開 日本各地を巡るロードムービー!!!!!!!!!】の続きを読む


    ウルトラシリーズ > シンウルトラマンシンウルトラマン』は、2022年5月13日公開予定の日本のSF特撮映画。1966年に放送された特撮テレビドラマウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画であり、タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラー
    17キロバイト (1,952 語) - 2021年12月13日 (月) 11:57


    面白いのかな????

    1 (シンガポール) [US] :2021/12/13(月) 21:54:35.52


    円谷プロダクションは映画「シン・ウルトラマン」を22年5月13日から全国の劇場で公開すると発表した。
    同時に最新の予告映像も公開している。

     円谷プロダクションは12月13日、映画「シン・ウルトラマン」の公開日を22年5月13日と発表した。
    当初は21年初夏の公開を予定していたが、コロナ禍で制作スケジュールに遅れが生じ、延期を発表していた。

    《映画「シン・ウルトラマン」© 2021「シン・ウルトラマン」製作委員会© 円谷プロ》

    (出典 image.itmedia.co.jp)


     円谷プロが13日に開催したイベント
    「TSUBURAYA CONVENTION 2021 SPECIAL PROGRAM」
    内で明らかにした。同時に最新の予告映像も公開している。

     発表の様子は後日、円谷プロの公式サ*クリプションサービス「TSUBURAYA IMAGINATION」とYouTubeのウルトラマン公式チャンネルで配信するという。

     シン・ウルトラマンは、「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明氏(企画・脚本)と樋口真嗣監督の“シン・ゴジラコンビ”が描く新しい空想特撮映画。
    製作は円谷プロダクション、東宝、カラーの3社共同。配給は東宝が行う。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    映画「シン・ウルトラマン」は22年5月13日公開
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2112/13/news159.html
    2021年12月13日 19時39分 ITmedia


    【【映画】『シン・ウルトラマン』はコロナで延期して22年5月13日公開!!!!】の続きを読む


    moris1022の2018年6月19日のツイート、2018年6月21日閲覧。 ^ “ショートアニメ『ゴールデン道画劇場』#10「カムイ大爆笑編」を1週間限定公開!!”. TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト (2018年6月19日). 2018年6月21日閲覧。 ^
    261キロバイト (38,924 語) - 2021年12月5日 (日) 12:06



    (出典 youngjump.jp)


    面白いのかな?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/05(日) 22:00:09.14

    12/5(日) 20:00
    オリコン

    『ゴールデンカムイ』第4期制作決定 PVなど解禁で制作はブレインズ・ベース
    アニメ『ゴールデンカムイ』第4期制作決定 (C)野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
     テレビアニメ『ゴールデンカムイ』の第4期が制作されることが決定した。あわせてティザービジュアルやPV、メインスタッフ情報が解禁された。

     チーフディレクターはすがはらしずたか、シリーズ構成は高木登、キャラクターデザインは山川拓己、アニメーション制作はブレインズ・ベースが担当する。

     難波日登志(第一期〜第三期 監督)は「『ゴールデンカムイ』第四期より、ブレインズ・ベースさんと、すがはらしずたかチーフディレクターに引き継いで頂けることになりました」とし、「第一期から第三期を監督させていただき私が感じたのは、原作の素晴らしさとアニメ化の難しさです。『ゴールデンカムイ』は骨太のストーリー、歴史物のリアリティ、アイヌや少数民族の言語やカルチャー、アクションとギャグ、表現しにくい下ネタ等々まさに何でもありで、アニメ化にはハードルの高い作品です」と説明。

     「その分チャレンジのし甲斐がある作品でもありました。そのハードルは第四期で更に高くなっています。今回バトンタッチする、すがはらチーフディレクターとブレインズ・ベースの制作スタッフなら、その高いハードルに果敢に挑み、前シリーズ以上の充実した仕上がりにしていただけると確信しています!応援しています!頑張ってくださいませ!ファンの皆様、第四期の杉元、アシリパたちの活躍を楽しみにしていましょう!」と呼びかけた。

     すがはらしずたか(第四期 チーフディレクター)は、「この度作品の舵取りを難波監督より引き継がせて頂くことになりました。『ゴールデンカムイ』という作品の持つ圧倒的な世界観、美麗な作画、緻密な考証、アクションやギャグ要素。何より骨太なストーリー展開。その情報量の多さにめまいを覚える中。出口はまだまだ見えておりませんが、難波監督とジェノスタジオさんの作り上げたイズムを受けつぎ、必死に食らいつくべく格闘する日々を過ごしております。とにかく原作、アニメのファンの皆さんに今まで以上に楽しんでいただける様、スタッフ一丸となって頑張っています」と意気込み。

     「クライマックスに向けて、これからますます盛り上がる「闇鍋ウエスタン」。杉元とアシリパの新しい冒険を楽しみにしていてください!」と伝えた。

     同作は、明治時代の北海道を舞台に、アイヌが遺したという大金を手に入れるため、日露戦争の死線を潜り抜けた元軍人の杉元佐一が、アイヌの美少女・アシリパと行動をともにし、一攫千金を夢みる物語。

     『週刊ヤングジャンプ』で連載中の同名漫画が原作で、シリーズ累計1700万部を突破。これまでテレビアニメが3度放送(1期2018年4月〜6月、2期同年10月〜12月、3期2020年10月〜12月)、数々の漫画賞を受賞したほか、2019年5月にイギリス・ロンドンの大英博物館で行われた漫画展『The Citi exhibition Manga』ではキービジュアルに採用されるなど、世界的な人気作品となっている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7690016c9973a88e51fc726be5127a31c71dc29f


    【【アニメ】『ゴールデンカムイ』第4期制作決定 PVなど解禁で制作はブレインズ・ベース !!!】の続きを読む


    ジョーカー』(原題:Joker)は、DCコミックス「バットマン」シリーズに登場するヴィランであるジョーカーをベースとした、2019年のアメリカのサイコスリラー映画。監督はトッド・フィリップス、脚本はフィリップスとスコット・シルヴァーが務め、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビ
    40キロバイト (5,032 語) - 2021年11月28日 (日) 05:39


    そしたら色んなもの制限しなアカンくなりますね!!!

    1 樽悶 ★ :2021/12/04(土) 18:31:00.75

    ■日本中に衝撃を与えた事件からひと月…

     10月31日に発生した京王線での無差別刺傷放火未遂事件は、日本中に衝撃を与えた。その犯人が2019年に公開された映画『ジョーカー』のような格好をしていたということで、日本でジョーカーの地上波放送ができなくなったのではないか、などという話が、ネットの話題になっていた。

     映画『ジョーカー』は、アメコミの『バッドマン』に出てくる悪役「ジョーカー」を主人公にし、悪のカリスマであるジョーカーがどのように誕生したのかを描く作品である。

     後にジョーカーとなる主人公のアーサーはコメディアンを目指していた。しかし現実は厳しく、仕事はピエロとして店舗の宣伝などの細かな仕事があるばかり。唯一の家族である年老いた母親を介護しながら、ギリギリの生活をしていた。

     やがて仕事も上手くいかなくなり、トラブルから雇い主からクビを宣告されたアーサーは、地下鉄で若い女性に執拗に絡む、立派なスーツ姿のリア充らしき若者3人組に遭遇する。

     アーサーは女性を救おうとするが、逆に3人組に暴行を受ける。その時に護身用に持っていた拳銃で3人を射*てしまうのである。そこから苦悩する中年であるアーサーが、悪のカリスマとしてのジョーカーに至る「転進」あるいは「転落」のストーリーが始まるのである。

     今回の事件も電車内で発生しているが、『ジョーカー』のストーリーでも電車での事件が、アーサーの人生を変える大きなきっかけとなっており、映画に影響された犯人が、自身の現状を大きく変えようとして、今回の犯行に至ったという可能性は決して否定できないのである。

     だからこそ「『ジョーカー』は犯罪者を生み出す危険な映画である」という見方もできてしまい、当然「ジョーカーのような映画は、多くの人が目にする地上波で流さないべき」という意見が出てくることも止む無しであろう。

    ■映画の「悪影響」とは

     こうした意見が出てきたときに「映画で悪影響を受けるのは当人の問題だ! 普通の人は仮想と現実の区別を付けるから、映画を見ても犯罪を犯さない! 表現の自由を守れ!」という意見を主張するのは簡単である。

     しかし僕は最近はこうした意見に、単純には同調しないようにしている。なぜなら、優れた作品というのは常にそれを体験した人に強い影響を与えるからこそ名作と呼ばれるからだ。そして「影響」に良いも悪いも無いのである。

     ジョーカーみたいな映画を見て、中年男性の苦しい状況を「現実の1つ」と捉えて、弱者男性の問題を認識する人もいれば、苦しんでいるからと言っても、犯罪を*て成り上がるという映画のストーリーは、犯罪者を甘や*架空のストーリーだと考える人もいる。

     そして影響を受けた人の中に「自分も犯罪を*て成り上がりたい」という影響を与えられてしまった、無差別刺傷放火未遂事件の犯人も含まれるのである。

     いずれにしても彼らが『ジョーカー』という映画から強い影響を受けたことは、否定できないのである。

     だからこそ、たとえ誰かが映画から悪影響を受けたとしても「それが文化である」として受け入れなければならないのである。

     たとえ文化の中にマイナス面があったとしても、それを社会の中でしっかりと引き受けて抱え込むことまでを考えて初めて「映画表現という文化を守る」という話になるのである。

    ※省略

     「名作」とは、単純に作品が面白いとか、単純にハラハラしたということではなく、その時代に合わせて清濁併せ呑みながら社会に大きな足跡を残すからこそ名作なのである。

     そうした意味で、善良でありたいと思いながら、中年男性の貧困と悪が結び付いてしまう「喜劇」を描いた『ジョーカー』は現代社会にマッチした作品であり、京王線での事件もまた、『ジョーカー』という作品が生んだ、多くの足跡の1つである。そのことを僕は否定しない。

     否定するのではなく、強い影響を受けた結果、犯罪などが発生する可能性もあるということを受け入れた上で、それでも人々に強い影響を与えるからこそ、映画という文化は世界中で多くの人に愛される、誇るべき文化なのだということを、主張するべきなのだ。(赤木智弘)

    12/1(水) 8:02配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/674a796cd6c859df737a9d6db505e89ea076b8ab

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    【【京王線刺傷】映画「ジョーカー」地上波放送禁止説も…名作が人の心を動かすのは危険なのか????】の続きを読む

    このページのトップヘ