空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます

    カテゴリ: 動物


    アライグマ (洗熊、浣熊、Procyon lotor) は、哺乳綱食肉目アライグマアライグマ属に分類される哺乳類。  日本ではあらいぐまラスカルで知名度と需要が急上昇したが、凶暴で気性が荒く攻撃的で噛みつき・引っかくためにペットには向いておらず、繁殖力が強いために放棄されたアライグマ
    43キロバイト (5,909 語) - 2021年11月14日 (日) 12:28


    えええええ??そんなこといわれるの?????

    1 記憶たどり。 ★ :2021/11/15(月) 14:19:50.32

    https://news.yahoo.co.jp/articles/161919a78b0010d9b4643a86aef1d2248268f6fe?page=1

    「自分で*て、燃えるごみに出してと言われた」。アライグマの駆除を自治体に相談したという福岡県直方市の60代女性から、
    西日本新聞「あなたの特命取材班」に投稿が寄せられた。北米原産で特定外来生物に指定されるアライグマは、
    全国各地で食害などを引き起こしている。しかし殺処分を担うのは負担が大きく、自治体の対応はまちまちだ。
    現場では手探りの対応が続く。

    女性宅の家庭菜園からブドウの房がなくなりだしたのは6月ごろ。センサーカメラを設置したところ、アライグマが写っていた。
    市役所に相談すると、箱わなを貸し出され、自分で殺処分するよう指示された。

    わなを設置したが、捕獲できず、ブドウはすべてなくなった。鶏小屋の網が破られ、ペットとして飼っていた鶏もいなくなった。

    直方市の担当者は当初、西日本新聞の取材に「鳥獣保護法に基づき、わな設置者が処分する必要がある」と回答した。
    環境省に問い合わせると、捕獲したアライグマを自治体が殺処分することは法令上「問題ない」との説明。
    再び市担当者に聞くと、「市が殺処分を委託する猟友会のメンバーが高齢化し、イノシシ、シカの駆除で手いっぱいだが、
    アライグマの対応も今後検討したい」と、説明を一変させた。

       ◆    ◆ 

    日本獣医師会は「アライグマは気性が荒い。不慣れな人の殺処分は勧められない」としている。

    福岡県久留米市では市職員が対応し、わなを貸し出した住民から捕獲連絡があれば職員が回収。
    わなごと専用ケースに入れて二酸化炭素(CO2)で酸欠死させる。昨年度は職員6人で計79頭を殺処分した。

    ただ職員の精神的な負荷は大きい。市担当者は「本来はペットで輸入された動物。心理的にきつい」と明*。
    負担軽減のため2人一組で作業する。

    同県朝倉市は委託する猟友会が殺処分を担うが、重労働の埋却作業が課題。同県糸島市は直方市と同様に
    市民による殺処分を前提に箱わなを貸し出している。

    埼玉県ではアライグマの家屋侵入などが問題化。2007年に駆除の実施計画を策定し、県内の全自治体と連携して対応してきた。
    県と市町村が住民ら向けの研修会を開いてわなの設置・捕獲に協力してもらう一方で、殺処分は市町村や獣医師会、
    委託業者が担う仕組みが浸透しているという。

    元埼玉県職員でアライグマ対策に詳しい古谷益朗さん(63)=同県狭山市=は「殺処分が駆除の一番のハードル。
    狩猟経験がある高齢者を自治体が殺処分のために非常勤職員として雇用するなど、関係者の負担を軽減する仕組みを作る必要がある」
    と指摘している。

    アライグマ全国で繁殖 農産物、人家破損被害が増加
     
    アライグマは、しま模様の長い尾(20~40センチ)が特徴で、目の回りに黒い帯状の模様がある。雑食性で鶏なども食べる。
    繁殖力が強く、過去30年でほぼ全国に拡大した。

    環境省の資料などによると、1977年にアライグマを主人公とするテレビアニメ「あらいぐまラスカル」が全国ネットで放送され、人気に。
    ペットとして大量輸入されたが、どう猛なため捨てられたり、脱走したりして野生化した。

    90年代半ばには本州と北海道の11道府県で分布が確認されていたが、2017年までの調査で九州7県を含む44都道府県に拡大。
    九州では福岡、佐賀、長崎、大分が多い。

    農林水産省によると、19年度の農産物被害額はスイカやブドウなど約3億6000万円で、04年度比で3倍近くに増えた。
    人家の天井裏などにも侵入し、ふん尿や設備損壊の被害もある。

    05年に特定外来生物に指定された。駆除手続きは外来生物法に基づく「防除」と、鳥獣保護法に基づく「捕獲許可」の2種類。
    猟銃やわなの免許取得者は法定の期間中に狩猟が行える。


    【【自治体の対応に困惑】「アライグマの駆除を自治体に相談したら、自分で○して燃えるごみに出してと言われた!!!!」】の続きを読む


    ネコ (子猫からのリダイレクト)
    北九州市立自然史・歴史博物館の学芸員、山根明弘によると30年以上調査が継続している相島の野良子猫のDNAを調べた結果、同じ集団で1番メスに近い所にいる強いオスよりも、他の集団から来たオスの子猫の方が多いことが分かった。 メディアを再生する メスネコは、おおむね2 -
    129キロバイト (17,856 語) - 2021年11月11日 (木) 01:01


    世の中に必要な癒しだ!!!!!

    1 ひぃぃ ★ :2021/11/13(土) 21:21:20.97

     朝晩肌寒くなってきて、お店にカイロや湯たんぽなどの商品が並ぶようになりました。温かいのが好きなのは、人間だけでなく猫だって同じ。人肌のお湯が入ったペットボトルの湯たんぽに、とろけるような寝顔で眠る子猫ちゃん。とても幸せそうです。

     ふにゃ~んと、ぬくぬく温かいペットボトルの湯たんぽで眠っているのは、あめちゃん。大雨の中で保護した……というエピソードが名前の由来となった女の子です。

     現在は生後約3か月で、甘えん坊で食いしん坊だというあめちゃんですが、Twitterに投稿された動画は「推定生後3週間の頃です」と飼い主さん。まだ赤ちゃんで、体を温めてほしいと飼い主さんはカイロを入れた寝床を作り、36度くらいの人肌のお湯を入れたペットボトルの湯たんぽを添えました。

     ちょうどお母さん猫の体温にも近いせいか、あめちゃんは安心して寝ています。キャップの部分を枕にしていますが、徐々にとろけて頭がかくん、と落ちてしまいました。

     あめちゃんは、改めて体を丸め、ぬくぬくと寝始めます。飼い主さんは「次のミルクの時間まで、4~5時間ほどそのまま寝ていたと思います」と、その当時のことを思い出しながら話してくれました。

     飼い主さんの温かい愛情に包まれ、すやすやと眠るあめちゃん。Twitterに投稿された動画は短いですが、飼い主さんはもっと長い動画をYouTubeチャンネル「落ち猫あめちゃん」にアップしているので、あめちゃんをもっと見たい方にはおすすめですよ。(咲村珠樹)

    2021年11月13日 7時0分 おたくま経済新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/21186573/

    動画
    https://twitter.com/ochinekoame/status/1458281500399456260/video/1

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【何にも変えられない癒し】「あったか~い~」人肌ペットボトルでとろける寝顔の子猫 !!!!!!!!】の続きを読む


    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。
    36キロバイト (3,727 語) - 2021年10月27日 (水) 12:48


    可愛い!!!!

    1 愛の戦士 ★ :2021/10/28(木) 11:01:29.61

    NHK 2021年10月27日 14時16分

    今月31日のハロウィーンを前に、松江市のテーマパークで衣装を身につけたペンギンが、園内を散歩するイベントが開かれ人気を集めています。

    松江市にあるテーマパーク「松江フォーゲルパーク」では、かぼちゃなどをデザインした衣装を身につけたケープペンギンがお披露目されています。

    衣装は今月31日のハロウィーンを前に、職員が手作りしたということで、ペンギンは園内の100メートルほどの距離を散歩していました。

    遠足で訪れた高校生は「かわいい」などと歓声を上げ写真を撮っていました。

    松江フォーゲルパークの山田篤さんは「前から見ても後ろから見てもかわいく見えるように衣装をつくりました。実際に訪れて見てほしいです」と話していました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211027/k10013323661000.html

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【島根テーマパーク】ええマジか!!!ペンギンがハロウィーンの衣装で散歩!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    鳥類 (からのリダイレクト)
    鳥類(ちょうるい)とは、綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱に属する動物群の総称。日常語で(とり)と呼ばれ、飛行を得意とした動物である。現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が
    178キロバイト (22,878 語) - 2021年9月30日 (木) 01:41


    見てる生き物が居なくなっていくのは悲しいですね!!!!!

    1 oops ★ :2021/10/25(月) 21:11:28.79


    (出典 www.jiji.com)

    スズメ(上)、ツバメ=東京都内

    環境省は25日、約20年ぶりに行った国内の鳥類の分布調査結果を公表した。1990年代の前回調査と比べ、スズメやツバメの個体数が大きく減少。同省によれば「このままのペースで減少し続けると、将来的には絶滅危惧種に指定するなど対策の可能性が出てくる」という。

    調査は1970年代(1974〜78年)、90年代(97〜2002年)に続き3回目。今回は2016年から今年にかけて、日本野鳥の会や山階鳥類研究所などと共同で行った。前回調査と比較可能な278種について1947地点の観測結果を基に、分布域の変化や個体数の増減などを調べた。

    その結果、スズメの個体数は前回調査の3万1159羽から2万627羽に減少。ツバメも1万4978羽から8987羽に減った。餌となる穀類を作っていた農地が野菜を栽培する畑地に変わったことなどが原因とみられる。

    同省は調査結果を、今後の生物多様性を守る施策などに生*考え。

    2021年10月25日20時12分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2021102501075


    【【鳥】まじかああああ!!!スズメ、ツバメ大きく減少 将来絶滅危惧種になる可能性!!!!!】の続きを読む


    クマ (からのリダイレクト)
    クマ()は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,568 語) - 2021年10月8日 (金) 07:38


    返り討ちはやばすぎ!!!

    1 THE FURYφ ★ :2021/10/23(土) 09:26:39.79

    ボクシングのメドベージェフ(ロシアで熊を意味する苗字)選手が釣りの帰りに仲間と森を歩いていたところを突如、
    熊に襲われた。一緒にいた仲間のうち、1人は現場で死亡した。一方、メドベージェフ選手は熊を返り討ちにし、
    命からがら生還した。現在、選手は集中治療室で治療を受けているものの、命に別状はない。
    メドベージェフ選手は2人の友人と釣りから戻るところ、熊に襲われた。友人の1人は重傷を負い、その場で死亡した。
    一方、メドヴェージェフ選手は頭部と手足に大怪我を負ったものの、手持ちのナイフで応戦し、熊を仕留めた。
    もう1人の友人は無傷で、重傷を負った選手を病院に搬送した。

    治療にあたっている医師によると、選手の命に別状はないという。ただし、傷は深いことから、治療は長期にわたって
    続く模様。

    https://jp.sputniknews.com/20211022/9354480.html


    【【ロシアのボクサー】強すぎーーー!!熊に襲われるも返り討ちで仕留める!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ