空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます

    カテゴリ: おバカなニュース


    まじかああああ!!!衆議院議員の公設秘書を逮捕 女性のスカートにスマートフォンを差し入れた疑い


    NO.9293369 2021/03/02 18:52
    衆議院議員の公設秘書を逮捕 女性のスカートにスマートフォンを差し入れた疑い 大阪
    衆議院議員の公設秘書を逮捕 女性のスカートにスマートフォンを差し入れた疑い 大阪
    大阪市にある商業施設のエレベーターで、女性のスカートの中にスマートフォンを差し入れた疑いで、衆議院議員の公設秘書の男が逮捕されました。

    大阪府の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、衆議院滋賀3区選出 自民党所属の武村展英議員の公設秘書、花崎広毅容疑者(44)です。

    警察によると花崎容疑者は去年11月、大阪市中央区にある商業施設のエレベーター内で、20歳代の女性のスカートの中にスマートフォンを差し入れた疑いがもたれています。

    被害者の女性と花崎容疑者には面識はなく、事件当時はエレベーターの中で2人きりで、女性が犯行に気付き追いかけたところ、花崎容疑者はタクシーに乗って逃げたということです。

    その後の防犯カメラの捜査などから、花崎容疑者が浮上しました。

    警察の調べに対し花崎容疑者は「去年11月ごろエレベーターの中で、手に持っていたスマホで盗撮したことに間違いない」と容疑を認めています。



    【日時】2021年03月02日 17:39
    【ソース】関西テレビ


    【まじかああああ!!!衆議院議員の公設秘書を逮捕 女性のスカートにスマートフォンを差し入れた疑い】の続きを読む



    NO.9291690
    “東京の病んだ子”に憧れて結婚した男性が見た地獄
    “東京の病んだ子”に憧れて結婚した男性が見た地獄
    【ぼくたちの離婚 Vol.19 嘘つきと酔いどれ #1】

    日本では、離婚後に「共同親権」が認められていない。

    そのため、時として、離婚の際に親権を巡って壮絶な争いが繰り広げられる。

    都内の光学機器製造会社に勤める岩間俊次さん(仮名/44歳)も、そうした事態に陥った一人だ。

    ただ、彼の場合はある“ややこしい事情”があった。

    ◆東京の“病んだ子”にどハマりした
    岩間さんは、俳優の大森南朋にメガネをかけたような見た目、小柄で物静かな雰囲気の男性だ。

    西日本の山間部に生まれ育ち、高校卒業後に某県の県庁所在地で2年ほど働いたあと、20歳で上京。

    26歳のとき、都内のライブハウスで当時22歳の結衣さん(仮名/現在40歳)と出会う。

    「大正モダンって言うんですかね。レトロなワンピースに釣鐘型の帽子、黒髪のボブ。ちょっとコスプレが入っていて、かなり周囲の目を引いていました。誰もが振り返る目鼻立ちの整った美人で、過去には青文字系雑誌に読者モデルとしてちょくちょく出ていたようです。ブレスレットの隙間からはリストカットの痕が見えていました」典型的な“危ういタイプ”の結衣さんに、岩間さんは惹かれていった。

    「自分もまだ20代で若かったので、東京の“病んだ子”の危うさに、どハマりしてしまったんです。あのなりで、太宰治や坂口安吾が愛読書で、とんがった音楽が好きだとか言われちゃったら、僕みたいなコンプレックスまみれの田舎者なんて瞬殺ですよ」結衣さんは不安定だった。

    「結衣はパニック障害に悩まされていて、3級の障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を持っていました。しか..

    【日時】2021年03月01日 15:03
    【ソース】女子SPA!
    【関連掲示板】


    【“東京の病んだ子”に憧れて結婚した男性が見た地獄】の続きを読む



    NO.9289960 2021/03/01 10:06
    スーパーでマスク着用を求められた女性 Tバックをかぶり「文句あるか」南アフリカ
    スーパーでマスク着用を求められた女性 Tバックをかぶり「文句あるか」南アフリカ
    新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、ほとんどの人は外出する際にマスクを着用するようになった。

    それでも「マスクなんて使った経験さえない」という人が多い国もあり、人の出入りが多い商店のオーナーなどは今も大変苦労しているという。

    そんな中、南アフリカのスーパーマーケットに女性客が出没。

    マスクを着用せぬまま入店したが警備スタッフにすぐに気づかれ、「お客様、マスクの着用をお願いします」と声をかけられた。

    「マスク? 持っていないわよ。」そう言われ困ったスタッフが「では店から出てもらわねばなりません」と伝えたところ、女性はいきなりパンツを脱ぎ、それを頭からかぶって「さあ、どうよ」。

    この様子をとらえた動画がSNSで拡散し、世間からは「こんな奴は家にずっとこもっていればいい」「コロナの怖さが分からないのか」「家族にとってもこんな奴は恥」という声が噴出している。

    ちなみに南アフリカの新型コロナウイルス感染拡大は極めて深刻で、感染者の推計は人口の半数前後ではないかとする研究データも出たという。

    また死者の総数も発表されている数を上回ると言われているが、それでもマスクをせずにスーパーに入る人もいる。

    マスクが入手できない、または入手が極めて困難な時期はとっくに過ぎており、この買い物客が金に困りマスクも入手できずにいるという可能性は極めて低い。

    モラルの低さに多くの人が驚かされたが、中には「いいぞ」と称賛する客もいたというから、まさに世も末だ。

    【日時】2021年03月01日
    【提供】エトセトラ・ジャパン
    【関連掲示板】


    【これはワロタwwwスーパーでマスク着用を求められ怒った女が取った行動とは】の続きを読む

    このページのトップヘ