空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます

    カテゴリ: 空飛ぶペンギン速報


    モデルナ(Moderna [məˈdɜːrnə])は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置くバイオテクノロジー企業。メッセンジャーRNA(mRNA)のみに基づく創薬、医薬品開発、ワクチン技術に焦点を当てている。 モデルナの技術プラットフォームは、ヒトの細胞に合成ヌクレオシド修飾m
    32キロバイト (3,262 語) - 2021年12月16日 (木) 10:24



    (出典 www.asahicom.jp)


    畳み掛けるかんじかな

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/12/21(火) 12:24:18.53

    アメリカの製薬会社・モデルナの最高医療責任者がFNNの単独インタビューに答え、日本は感染者数が少ないうちに追加接種を進めるべきだと話した。

    モデルナ バートン最高医療責任者「ワクチンの効果が徐々に薄まることからして、感染拡大の中、日本が少し遅れて接種開始したことが利点なのかもしれない。
    ワクチン接種を完了し、追加接種するには今ほどいい時はない」

    日本では、モデルナの3回目の接種量を1回目と2回目の半分の量にするとしているが、
    モデルナは追加接種を半分の量にした場合、ほとんどの人は十分な抗体の量に達するとしていて、
    オミクロン株に対しても抗体の量が37倍に増えるとしている。

    モデルナ・最高医療責任者のバートン氏は、今後もワクチン接種が必要になるとの見解を示した。

    バートン最高医療責任者「感染拡大から抜け出す最も可能性高い方法は、インフルエンザなどと組み合わせた毎年の追加接種」
    https://www.fnn.jp/articles/-/288333


    【【モデルナ速報】「日本は感染者数が少ないうちに追加接種を進めるべきだ。今ほどいい時はない」と打つ事を進める!!!】の続きを読む

    no title

    名曲(めいきょく)とは、曲自体をあらゆる方法(歌う、ピアノ伴奏、その他の楽器など)で表す場合に人の心を揺さぶるような曲のことである。本来、クラシック音楽における、一度は聴いておきたい作品、教科書に載っている作品などを指していたが、「ジャズの名曲」や「演歌の名曲」など、娯楽音楽の分野でも用いられるようになっている。
    1キロバイト (197 語) - 2016年12月23日 (金) 16:14


    冬ですね!!

    1 牛丼 ★ :2021/12/11(土) 21:51:47.64

    冬ソングランキング

    1位 粉雪 / レミオロメン
    2位 ヒロイン / ba* number
    3位 雪の華 / 中島美嘉
    4位 雪の音 / GReeeeN
    5位 冬がはじまるよ / 槇原敬之
    6位 Winter,again / GLAY
    7位 スノースマイル / BUMP OF CHICKEN
    8位 White Love / SPEED
    9位 WHITE BREATH / T.M.Revolution
    10位 ゲレンデがとけるほど恋したい / 広瀬 香美
    https://ranking.net/rankings/best-winter-songs#js-result

    クリスマスソングランキング

    1位 All I Want for Christmas Is You / マライア・キャリー(Mariah Carey)
    2位 クリスマス・イブ / 山下達郎
    3位 クリスマスソング / ba* number
    4位 恋人がサンタクロース / 松任谷由実
    5位 いつかのメリークリスマス / B'z
    6位 Last Christmas / Wham!
    7位 白い恋人達 / 桑田佳祐
    8位 ハピネス / AI
    9位 メリクリ / BoA
    10位 Happy Xmas (War Is Over) / ジョン・レノン(John Lennon)
    https://ranking.net/rankings/best-christmas-songs#js-result


    【【季節歌】冬ソング、クリスマス名曲ランキング、上位3位は皆んなが知るあの曲!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載。略称は「鬼滅」。 日本大正時代を舞台に、主人公少年がと化した妹を人間に戻すためにたちと戦う姿を描く、和風剣戟奇譚。単行本(全23巻)
    425キロバイト (74,864 語) - 2021年12月4日 (土) 08:36


    みなかん

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/12/04(土) 18:00:15.667

    「遊郭編」第1話タイトルは「脱・*」。公開された場面写真は、情報なしに遊郭をさまよいはずれ店に向かう竈門炭治郎の姿が描かれている。
     今回公開された「遊郭編」次回予告では、遊郭を舞台に、音柱・ノースリーブええ体太郎や、体太郎の妻たちの姿のほか、
    竈門炭治郎と上弦の陸・堕姫の戦闘シーンや煉獄の惨殺死体が描かれ、最後に改めて12月5日公開であることをアピール。来週の公開が楽しみだ。
    おまけとして第一話終了後に無限列車編を0.3倍速で6時間かけて放送する


    【「鬼滅の刃」遊郭編は5日夜11時15分から!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    防寒着(ぼうかんぎ)は、寒さを防ぐための衣服のことである。 ヨーロッパの伝統的な防寒着のひとつとしてセーターが挙げられる。 一説によると、11世紀のことノルマン人が地中海世界のシチリアにまで進出した折、イスラム世界の手芸技術と接触、それを学んで持ち帰り、ノルマン人の地元のイギリス海峡のガーンジー島や
    9キロバイト (1,338 語) - 2021年1月23日 (土) 08:53


    この季節から外作業はさらにきついね!!!!!!

    1 少考さん ★ :2021/11/20(土) 19:51:57.38

    ※ITmedia ビジネスオンライン:

    ワークマン、防水防寒作業服「AEGIS」から、カジュアル向けアイテム発売:コートやジャケット
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2111/20/news013.html

    2021年11月20日 10時00分 公開


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    ワークマンは、高機能レインウェアブランドとして展開するプライベートブランド(PB)「AEGIS(イージス)」シリーズから「イージス スノー」「イージスガジェットウォームレインジャケット」「イージスレインコートPLUS」を11月下旬に発売すると発表した。豪雪地帯向けの防水防寒作業服として誕生したブランドの製品を、ゲレンデや街中で着用できるようにアレンジ。本格的なウィンタースポーツ向けとしてだけでなく、カジュアルに着まわせる製品として訴求する。

    「イージス スノー」からは、「ウォームジャケット」(4900円)と「ウォームパンツ」(2900円)を展開する。いずれも着脱式のボアインナーを付け、インナーを外せばオールシーズンでの着用を可能とした。また、耐水性や透湿性にもこだわり、水の侵入を防ぎながらも蒸れにくい構造とした。サイズはS~3L、色はいずれもカーキ、ベージュ、ネイビーの3種を展開する。

     「イージス ガジェットウォームレインジャケット」(4900円)は、8カ所に大きなポケットを装備して収納力を高めた他、透湿防水、表面はっ水、防風機能を搭載した。S~3Lの5サイズ展開で、色はジェット*、ラッドカーキ、ノエルホワイトの3種類をそろえた。

    また、脱着可能な中綿ベストを付属した「イージス レインコートPLUS」(4900円)も展開する。色は*、オリーブ、ブラウンの3種。中綿ベストを取りはずすことでオールシーズン着用できる商品として展開する。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    【【ワークマン】厳しい寒さ防水防寒作業服「AEGIS」から、カジュアル向けアイテム発売!!!!!!】の続きを読む


    アメリカ航空宇宙局 (NASAからのリダイレクト)
    アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、英語: National Aeronautics and Space Administration, NASA)、或いは米国国家航空宇宙局(べいこくこっかこうくううちゅうきょく)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法
    44キロバイト (6,125 語) - 2021年10月9日 (土) 01:02


    3000ってかなり近いじゃん

    1 スダレハゲ ★ :2021/11/06(土) 22:11:09.19

    An asteroid barely missed Earth last week, and no one knew it was coming

    https://www.space.com/surprise-asteroid-flyby-2021-ua1


    >carried it over Antarctica within 1,800 miles (3,000 kilometers) of Earth


    【【恐怖の宇宙】NASA「先週小惑星が地球の上空3000kmをかすめたが、気づかなかった!!!!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ