空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます

    2021年03月



    (出典 tabetainjya.com)


    聖火は絶対消えないと今まで思ってました

    1 potato ★ :2021/03/31(水) 10:24:56.44

     東京五輪組織委は30日、この日群馬県内で行われた聖火リレーの実施状況を総括。館林市から前橋市までの区間を走行したが、第4区間の上野村のスタート前、ランタンからトーチへ聖火を移す過程で、火が2度消えるアクシデントがあったことが分かった。

     組織委の高谷正哲スポークスパーソン(SP)によると、1度目は、ランタンに着火棒を差し込んでトーチへと火を移そうとしたところ着火棒の上で火が消えた。その際ランタンそのものの火も消えてしまったという。

     予備のランタンで再チャレンジ。たいまつと呼ばれる棒状のものに火を移してトーチに点火しようとしたが、これもうまくつかず、またランタンの火も消えてしまったという。3回目にようやく予備のランタンからの点火に成功し、無事にスタートできた。

     高谷SPは「運営上は大きな問題にはならなかったが、多くの人をお待たせしたのは本当に申し訳なかった。ランタンからトーチに火を移す場面で担当者が少し焦ってしまった可能性もある。ゆっくり確実に、を徹底したい」とした。

    https://hochi.news/articles/20210331-OHT1T50030.html


    【【悲惨】聖火、2度も消える !!!予備のランタンの火まで消える ??】の続きを読む


    競艇選手211人が持続化給付金を不適切受給、選手側に自主的返還を指示


    NO.9360925 2021/03/31 07:39
    競艇選手211人が持続化給付金を不適切受給、選手側に自主的返還を指示
    競艇選手211人が持続化給付金を不適切受給、選手側に自主的返還を指示
     日本モーターボート競走会は30日、競艇選手211人が新型コロナウイルスの影響で収入が減った個人事業主らに支給される国の持続化給付金を不適切に受給していたと発表した。選手会は選手側に自主的に返還するよう指示している。

     競走会などによると、給付金を受けていたのは選手211人。コロナの影響でレースが中止となったが、競走会が追加のレースに出場させるなどして収入減を抑える措置をとっていた。これにもかかわらず選手側が給付金を申請したのは不適切と判断したという。

     日本中央競馬会で不適切な受給が判明し、競走会などが今月10日から調査していた。

     個人事業主への給付金は、コロナの影響で収入が前年同月より50%以上減少していることを条件に、最大100万円が支給される。



    【日時】2021年03月30日 12:13
    【ソース】読売新聞


    【競艇選手211人が持続化給付金を不適切受給、選手側に自主的返還を指示】の続きを読む


    30年間物価が上がらない日本… モノの値段が下がるデフレは なぜ危険なのか?

    30年も変わってないの???

    NO.9361535 2021/03/31 01:09
    30年間物価が上がらない日本… モノの値段が下がるデフレは なぜ危険なのか?
    30年間物価が上がらない日本… モノの値段が下がるデフレは なぜ危険なのか?
    ■1000円の価値は1000円のままではない
    世界が順調に成長しているのに日本の成長が止まっているため、相対的に日本の経済的地位は落ちています。でもこの事実を見ても、「いいじゃん、今のレベルの暮らしが続くなら大丈夫」と思っている人も多いはずです。この人たちは、お金の価値、とりわけ円の価値が相対的に変わらないと信じているおめでたい人たちだと思いますよ。

    今、皆さんのお財布には1000円札が入っていますか?このお札は1000円のモノと交換できるということで、1000円の価値があるとみなされています。皆さんは、1000円の値札が付いているモノは、ずっと1000円で買えると思っているのではないでしょうか。

    ところが、1000円のモノは常に1000円で買えるわけではないというのが、リアルな経済の世界なのです。お金の価値は相対的な信用で成り立っています。お金の価値、とりわけ君たちが持っている円の価値を奪うものに2つの要因があります。一つはインフレーション、もう一つは円安です。通貨はその信用が大事です。通貨(円)に対する信用が落ちると、同じ1000円を持っていても買えるモノが少なくなってしまうのです。

    ■インフレーションとデフレーション
    インフレーション(インフレ)とは、物価が継続的に上昇する状態で、通貨の価値は下がります。たとえば、極端なケースでは、今日は100円でりんご2個買えたのに、翌日には1個しか買えないという状況です。景気が良くなると、インフレが起こりやすくなります。インフレ時には、企業の売上が増加し、従業員の給料が増え、モノを買おうとする意欲が生まれる、という循環が生まれま..

    【日時】2021年03月27日 03:05
    【ソース】DIAMOND Online


    【30年間物価が上がらない日本… モノの値段が下がるデフレは なぜ危険なのか?】の続きを読む


    【悲報】火葬場で母親の遺骨が誤って吸い込まれ…遺族が市を提訴「お盆やお彼岸、どこへお参りしたら」

    とても悲しいですね

    NO.9361570 2021/03/30 23:41
    火葬場で母親の遺骨が誤って吸い込まれ…遺族が市を提訴「お盆やお彼岸、どこへお参りしたら」宇治市
    火葬場で母親の遺骨が誤って吸い込まれ…遺族が市を提訴「お盆やお彼岸、どこへお参りしたら」宇治市
    火葬場で、母親の遺骨を誤って回収され、骨上げなどができず精神的苦痛を受けたとして、遺族が慰謝料を求める裁判を起こしました。

    訴状によりますと、2020年11月に、原告の母親(90代)が亡くなり、京都府の宇治市斎場で火葬されました。

    しかし職員から、「母親の遺骨を、誤って灰を吸い込む機械で吸ってしまった」と報告を受け、原告が火葬の台を確認すると、灰と、少しの骨片だけが残されていたということです。

    原告は遺骨を失い精神的苦痛を受けたとして、斎場を管理する宇治市に3300万円の慰謝料を求める裁判を起こしました。

    【原告】
    「親の骨がない、父親が眠っているところに入れてあげられない。お盆やお彼岸などで、私はどこをお参りしたらいいんですか」

    宇治市は、「係争中で、コメントは差し控える」としています。



    【日時】2021年03月30日 19:23
    【ソース】関西テレビ


    【【悲報】火葬場で母親の遺骨が誤って吸い込まれ…遺族が市を提訴「お盆やお彼岸、どこへお参りしたら」】の続きを読む


    鹿児島・諏訪之瀬島 噴火警戒レベルを3に引き上げ

    お気をつけ下さい

    NO.9362285 2021/03/31 09:37
    鹿児島・諏訪之瀬島 噴火警戒レベルを3に引き上げ
    鹿児島・諏訪之瀬島 噴火警戒レベルを3に引き上げ
     気象庁は鹿児島県十島村の諏訪之瀬島について、噴火警戒レベルを入山規制の「3」に引き上げました。

     諏訪之瀬島の御岳火口では、30日午後10時5分と31日午前2時57分に弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から1キロ近くまで達する爆発が発生し、噴火活動が活発になっています。

     気象庁は、午前3時30分に諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを火口周辺規制の「2」から入山規制の「3」に引き上げました。

     火口から約2キロの範囲で大きな噴石に警戒を呼び掛けるとともに、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて遠くまで降る恐れがあるとして、警戒を呼び掛けています。


    【日時】2021年03月31日 07:31
    【ソース】テレ朝news


    【鹿児島・諏訪之瀬島 噴火警戒レベルを3に引き上げ!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ