空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます


    平成時代の流行語として、昭和専と呼ばれる昭和生まれ(主に団塊ジュニア世代の男性から昭和60年代生まれの男性)の年上の男性を好んでいる平成生まれの若い女性を指す言葉が誕生した。 2010年(平成22年)から2019年の平成末期から令和初期の改元時にかけて日本国家における国会議員は全員昭和
    148キロバイト (23,073 語) - 2021年10月16日 (土) 00:45


    今のクオリティよりだいぶ落ちるけど売れるのか?????

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/17(日) 12:52:54.29

    プライムオンライン編集部

    2021年10月17日 日曜 午前11:20

    昭和時代の初期の食事を再現した弁当が、ネットで密かな注目を集めている。

    容器には九州産の白米が敷き詰められ、その上にはおかずとして、国産の真イワシ、宮崎県産の大根を使ったたくあん、福岡県産の梅で作った梅干し、昆布の佃煮が乗っている。

    この弁当の名前は「昭和初期」。価格は215円(税込)で、宮崎県のスーパーマーケット「ナガノヤ」「ウメコウジ」の計10店舗で、10月1日から発売しているという。

    ナガノヤ・ウメコウジの公式Twitterで販売が告知されると、食材のシンプルさとネーミングセンスが話題に。「こーいうの結構美味いんよなぁ」などの反応が寄せられた。

    まさにシンプル・イズ・ベストといった印象だが、どうしてこの弁当を開発したのだろうか?

    ナガノヤ・ウメコウジを運営する、株式会社永野(宮崎市)の担当者に聞いてみた。




    実は売れなかった弁当のリメイク作品
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://www.fnn.jp/articles/-/254232?display=full


    【【宮崎】昭和初期の弁当を再現して宮崎のスーパーが売り出すんだって!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資(ローン)である。
    33キロバイト (5,231 語) - 2021年6月9日 (水) 14:13


    住宅ローン!!!!

    1 Egg ★ :2021/10/17(日) 09:42:05.56

     家を購入したことを後悔する瞬間の1位は「ローン返済が苦しいとき」(112人)――そんな結果が、Webメディアの運営などを手掛けるアールピーネット(札幌市)の調査で分かった。

    【画像】家の購入を後悔した瞬間ランキング1~8位

     2位は「メンテナンスが大変なとき」(110人)、3位は「近所付き合いが面倒なとき」(78人)という結果に。

    (出典 image.itmedia.co.jp)
    #utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20211017-010&utm_term=zdn_mkt-bus_all&utm_content=img

     「ローン返済が苦しいとき」と回答した人からは、「自営業なので、経営悪化により収入が減ったとき」(男性、購入時35歳)や「給与が減額され、ローンの支払いが思っていたより厳しくなったこと」(女性、購入時40歳)といった声が寄せられた。

     「メンテナンスが大変なとき」と考える人は、「家全体の掃除をするとき。『広いと大変だなぁ』と思う」(女性、購入時33歳)や「中古で買ったので、修繕費やメンテナンスに思ったよりも費用がかかってしまう」(男性、購入時37歳)と指摘した。

     「近所付き合いが面倒なとき」については、「マンション内の騒音に悩まされたとき」(女性、購入時32歳)や「地域の行事に無理やり参加させられること」(男性、購入時39歳)といったエピソードが寄せられた。

    家を購入したきっかけは?
     家を購入したきっかけを尋ねると、「ライフステージの変化」(234人)が最も多く、「家賃がもったいない」(34人)、「いい家・土地を見つけた」(22人)と続いた。

     「ライフステージの変化」については、「妊娠を機に、出産後に備えて広い部屋に移りたかったため」「子どもが小学生になるのにアパートに机が置けなかったため」といった回答があった。

     家賃がもったいないと考える人からは「アパートの家賃と住宅ローンの返済金額を比較してみて、あまり変わらなかったため」(男性、購入時32歳)といった意見が寄せられた。

     家を購入した時の平均年齢は32.3歳だった。最年少は20歳の男性で、結婚がきっかけだったという。

     今回の調査は、家を購入したことのある人を対象に、インターネット上で実施。調査期間は8月19日~9月1日で、457人から回答を得た。

    10/17(日) 7:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8fe92ac09add3ae3510577828879d727620992c2

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【調査】マイホームを買って後悔した事とは???一位はやはりアレ???????】の続きを読む


    いように「20世紀の美術」または「20世紀美術」と呼ぶこともある。 文化史 美術史 西洋美術史 東洋美術史 日本美術史 前衛 前衛美術 モダニズム 日本の現代美術 現代アーティストとみんなで考えるオリンピック招致 1940年のアメリカのRMPS組織化の再評価平田思、神戸大学美学芸術学論集、2008
    4キロバイト (437 語) - 2021年4月5日 (月) 09:52



    (出典 thumb.ac-illust.com)


    シュレッダー掛けたやつに25億とか正気の沙汰じゃないな!

    1 oops ★ :2021/10/15(金) 21:21:24.93


    (出典 ichef.bbci.co.uk)

    オークションを取り仕切ったサザビーズのオリヴァー・バーカー氏は、「落札のハンマーを振り下ろすのがとても怖い」と言い、参加者の笑いを誘った

    英競売大手サザビーズで15日、過去のオークション中に額縁に仕掛けられたシュレッダーにより自壊した覆面アーティストのバンクシーの作品が、新たに1600万ポンド(約25億円)で落札された。総額では、同氏作品の最高額を更新した。

    バンクシーの作品「少女と風船」は2018年、サザビーズで100万ポンド(約1億5000万円)で落札された瞬間、額縁の下部に隠されていたシュレッダーの中を落下していった。その後、この作品は「愛はごみ箱の中に」と改名された。

    15日のオークションでは、400万〜600万ポンドという参考価格をはるかに超える値がつけられた。落札者が負担する諸費用を含めると、支払総額は1850万ポンドにのぼるという。

    バンクシーの作品は今年3月にも総額1680万ポンドで落札されたが、今回はこれを上回り、過去最高額となった。

    オークションを取り仕切ったサザビーズのオリヴァー・バーカー氏は落札が決定した後、作品が「まだそこにある」ことに安心したとジョークを飛ばした。

    7時間前
    https://www.bbc.com/japanese/58921680


    ■関連記事
    切り刻まれたバンクシー作品「少女と風船」、落札女性が所持続けると表明
    https://www.bbc.com/japanese/45832912


    【【現代アート】シュレッダーされたバンクシー作品、25億円で落札?!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ