空飛ぶペンギン速報

こんにちは、空飛ぶペンギン速報と言います<(・`彡 )з ミラクルでスパイシーでギョギョギョ思わず人に話したくなるニュースをお届け したいと思います マスク越しでも想いは届きます


    アメリカ 尖閣沖での日本の領海への侵入やめるよう 中国に要求「日本を支持する」


    NO.9278632
    アメリカ 尖閣沖での日本の領海への侵入やめるよう 中国に要求「日本を支持する」
    アメリカ 尖閣沖での日本の領海への侵入やめるよう 中国に要求「日本を支持する」
    ■記事によると…
    沖縄県の尖閣諸島の沖合では、今月20日と21日に、中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入するなど、中国海警局の船が領海侵入を繰り返しています。

    アメリカ国防総省のカービー報道官は23日の記者会見で、記者から中国海警局の船が日本の領海侵入を繰り返していることについて問われ「誤算や物理的な損害にもつながるおそれがある。中国に対して海警局の船を使った行動をやめるよう求める」と述べました。

    さらに、尖閣諸島の問題で「日本を支持する」と述べ、中国をけん制しました。

    中国では今月1日、中国海警局の船が停船命令などに従わない、外国の船舶に武器を使用することを認めるなどとした「海警法」が施行されています。

    アメリカ政府は「中国が近隣諸国を脅すために海警法を使う可能性がある」と指摘し、中国の強硬姿勢に懸念を表明していて、東シナ海や南シナ海での中国海警局の動きに警戒を強めています。



    【日時】2021年02月24日 11:54
    【ソース】ShareNewsJapan


    【アメリカ 尖閣沖での日本の領海への侵入やめるよう 中国に要求「日本を支持する」】の続きを読む


    高額接待を受けていた山田広報官、給与自主返納 職務は継続


    NO.9280182
    高額接待を受けていた山田広報官、給与自主返納 職務は継続
    高額接待を受けていた山田広報官、給与自主返納 職務は継続
    加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、菅義偉首相の長男らから高額接待を受けていた総務省出身の山田真貴子内閣広報官が利害関係者と会食していたなどとして、給与報酬月額の10分の6を自主返納すると発表した。

    加藤氏は「職務に一層精励してもらいたい」と述べ、山田氏に職務を継続させる考えを示した。

    ただ、政権内部や野党からは、山田氏が続投することに疑問を呈する声も出ており、政府は説明を求められそうだ。

    山田氏は総務審議官当時の2019年11月、首相の長男ら放送関連会社「東北新社」の幹部と東京都内で会食。

    和牛ステーキや海鮮料理が提供され、接待額は約7万4000円に上った。

    同省退官後の昨年9月に内閣官房の特別職である内閣広報官に就任。

    同省の処分対象から外れるため、自主的な給与返納の形を取った。

    加藤氏によると、山田氏は「国民の疑念を招く事態となっていることを重く受け止め、責任を痛感している」と説明、東北新社に会食費用を返金する考えを示したという。

    加藤氏は厳重注意した。



    【日時】2021年02月24日 19:25
    【ソース】時事通信


    【高額接待を受けていた山田広報官、給与自主返納 職務は継続】の続きを読む


    三田友梨佳アナ 家業は高級料亭だけじゃない! 銀座「住所がないビル」から巨利を得る「ミタパン一族」


    NO.9280905
    三田友梨佳アナ 家業は高級料亭だけじゃない! 銀座「住所がないビル」から巨利を得る「ミタパン一族」
    三田友梨佳アナ 家業は高級料亭だけじゃない! 銀座「住所がないビル」から巨利を得る「ミタパン一族」
    高級料亭「玄冶店 濱田家」の娘として知られるミタパン。

    2020年1月に「一般人男性」と結婚した菅義偉首相(72)の長男・正剛氏らによる総務省幹部接待問題をめぐって、その舞台となった“高級料亭”が話題となっている。

    東京・日本橋人形町に店を構える、大正元年開業の「玄冶店 濱田家」。

    じつはこの料亭、「ミタパン」こと、フジテレビの三田友梨佳アナ(33)の“実家”なのだ。

    「濱田家は、『ミシュランガイド』東京版で何度も星を得ている数寄屋造りの老舗料亭。創業者一族である三田家の家業で、3代目の芳裕氏はミタパンの父親、女将の啓子さんは母親です。2020年10月7日、総務省ナンバー2の谷脇康彦総務審議官が、菅首相の長男ら東北新社の関係者から飲食単価4万7151円などの高額接待を受けたことがわかっています。過去にも、防衛省汚職事件に絡む宴席に使われたとして、国会で取り沙汰されていましたね」(社会部記者)

    「ミタパンのパパ」三田芳裕氏は、日本橋にある劇場・明治座の代表取締役社長も務める実業家だ。

    数々のグループ会社を束ね、演劇興行以外に不動産賃貸や内装工事、飲食事業などを手がけている。

    2020年は新型コロナウイルス流行の影響で売り上げが落ち込んだようだが、それでもなお、明治座グループの純資産額は約22億円に上るとみられている。

    しかしながら、明治座はもともと三田家の家業ではなく、戦前の経営母体は映画会社の松竹だった。

    なぜ、日本橋の料亭一族が実権を握るに至ったのか。

    その接点は戦後、飲食業界の立て直しに尽力した濱田家の2代目・三田政吉氏にある。

    ミタパンの祖..

    【日時】2021年02月25日 06:00
    【ソース】Smart FLASH
    【関連掲示板】


    【三田友梨佳アナ 家業は高級料亭だけじゃない! 銀座「住所がないビル」から巨利を得る「ミタパン一族」】の続きを読む

    このページのトップヘ